コインランドリーを使うデメリットは?

乾燥機を使用する際のデメリットについて

コインランドリーで乾燥機を使用する際には、素材によっては生地が傷むというデメリットがあります。生地が傷むと糸がほつれる原因や、糸ほこりが出る原因にもなりますので注意しましょう。とは言え、どうしても乾燥機を使わないといけない場合もありますよね。そんな時は、乾燥機に表示されている乾燥時間よりも少ない乾燥時間で利用すると良いでしょう。例えば、Tシャツや下着を乾燥する際に推奨されている時間が20分だとしたら、半分の10分に留めておくという事です。この場合、取り出した洗濯物がまだ湿っているかもしれません。自宅に帰ったら、風通しの良い場所に干して完全に乾燥させて下さい。乾燥機を使用する際のデメリットは、こういった方法で回避することが出来ます。ぜひ試してみて下さい。

洗濯機を使うデメリットについて

乾燥機を使う際にもデメリットがありますが、洗濯機を使う際にもデメリットがあります。それは、自分のお気に入りの洗剤や、お気に入りの柔軟剤を使用する事が出来ないというデメリットです。一般的にコインランドリーの洗濯機は、専用の洗剤しか使うことが出来ず、自分で洗剤を投入する事が出来ない仕組みになっています。もしも、肌に合わない洗剤が使われていた場合は、肌荒れやアレルギーを引き起こしてしまう可能性もあります。しかし、実際にどういった洗剤が使われているのかはコインランドリーによって異なります。こういったデメリットが心配な場合は、自分で洗剤を投入できるタイプの洗濯機を導入している店舗を探しましょう。二度手間になってしまいますが、コインランドリーで洗濯したものを自宅ですすぎ直す方法もあります。コインランドリーで洗濯機を使用する際の参考にして下さい。